鶏肉のお醤油煮


久しぶりにお料理の話題を。

いつもニットでとってもお世話になっているマダムは、編み物だけではなくお料理上手でもあります。そのマダムに教わったレシピ、鶏肉をお醤油と中華の香りのスパイスで煮た、とってもおいしいお料理です。


【材料】
鶏肉…500㌘
お醤油…250㏄
紹興酒(または日本酒)…大さじ1強
花椒…3㌘
チンピ…5㌘
生姜…5㌘
長ねぎ(青い部分)…20㌢ぐらい
赤唐辛子…1~2本

【作り方】
①鶏肉は冷蔵庫から出して温に戻す。洗って水気を拭いて、お塩を振って5分置く。
②ふたたび①を洗って、水気を拭いておく。
③鶏肉以外の材料、調味料やスパイスをお鍋に入れて煮立てる。そこに皮を下にして②を入れる。途中で裏返して5分煮る。
④5分煮たら火を止めてお鍋に蓋をして、そのまま15分置いて出来上がり。

鶏肉を煮汁から引き上げて、冷めたら冷蔵庫で保存。煮汁は漉して冷蔵庫で保存。ラーメンスープのベース、煮物、炒め物、スープなどの味付け、煮玉子、また同様に鶏肉を煮る煮汁に(少し味が薄くなっているのでお醤油を足して)など、いろいろに使えます。
漉した生姜やねぎは刻んでご飯の友に。

鶏肉は、火を通しすぎていないのでとっても軟らかい!味は濃い目なので、薄く切ってお野菜を添えていただきます。
お弁当にもおいしいし、麺類の具などにも。花椒が家庭料理とは思えないような素晴らしい香りを出しています。お弁当に持って行って、職場の友達に分けてあげると、必ずレシピを聞かれます。簡単なのに本当に美味しいので、是非お試しを!


今日は、火から下ろして蓋をしてうっかり30分置いてしまいました。いつもより少し固い(^_^;;
スポンサーサイト

Knit for Japan

震災で被災した方のために何かをしたい、多くの人がそう思うことでしょう。
私は、寒い東北で避難所生活をする方々に、少しでも暖かく過ごせるように毛糸で何かを編んで差し上げたい!そう思っていました。ただ、個人でできることは非力で却ってご迷惑をおかけするかもしれない…などと考えていたところ、こんな素敵なことをしている方を見つけました。
Knit for Japan 横浜に住むドイツ人男性のケストラーさんが、毛糸や毛糸で編んだ物、編み棒などを世界中の人から集めて、被災地に届けるというチャリティーです。
沢山あるお気に入りばかりの毛糸の在庫。今こそそれらを役立てる時だ!と、せっせと編んでいます。

編み物仲間たちにも声をかけて、みんなの編んだものや毛糸を持ち寄って一度ケストラーさんに送っています。「本当にありがとう、嬉しいです。」というお礼の言葉をいただきました。いえいえ、お礼を言いたいのはこちらです。日本に住んでいるとはいえ外国人の方、日本のためにとても一生懸命になってくださって本当にありがたいことです。


先日、被災地にボランティアに行くという方に聞いたところ、東北の夜はヒートテックを2枚重ね着してそれでもまだ寒いそうです。沢山編みたい!もっと手が欲し~い!千手観音になりた~い!!

編み物仲間で持ち寄った毛糸小物を前に「自分が要らないからそれを他人にあげるのではなく、手放すのが惜しいものを差し上げる、それじゃなくちゃね」と。ただの「毛糸防寒具」ではなく、心を届けたい

上から二番目の赤い(本当は濃いオレンジ)のが、お尻まですっぽり隠れる三角ストール。ほかの三つはマフラーです。

110415_130252.jpg

110429_180908.jpg

110429_183508_ed.jpg

110429_183301.jpg


110429_183700.jpg

元気です

世界唯一の被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる。小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本じゃないの。頑張れ。超頑張れ。


大震災に遭った日本に、韓国の方から寄せられた応援メッセージだそう。


皆様お元気ですか。だいぶご無沙汰してしまいました。コメントをいただきっぱなしにしてごめんなさい。
11日、私は休みで、子供達は学校。のんびりとテレビの韓流ドラマを見て過ごしていた午後。突然揺れを感じ、でもせいぜい震度3ぐらいだろうとあまり気にせずにいると、揺れは止むどころか強くなる一方。いつまでも止まず、家具の軋む音や棚の物も落ちるという、生まれて初めて見る現象。止まない強い揺れに事の重大さを悟り、それは即恐怖へと変わる。一人で心細く、恐怖で泣いていた…
東京は震度5弱。東北の人達は私などとは比べものにならない恐怖を体験したのに。


世界中の人達が日本を思ってくれている。日本のために心の底から祈ってくれている。手編みの品や自分の物を売って、赤十字に義援金を送ってくれる人。
海外で起きる災害に心痛めながらも、対岸の火事の如く思っていた自分が恥ずかしい。世界の多くの人が、自分のことのように心配してくれている。
元気を出さなきゃ。顔を上げて、今日成すべきことに一生懸命になろう。私が、私達が日本の光となって、世界中の応援に応えたい。

Farmer

先日の記事のBoss、Nさんが帰郷を前に職場を訪ねてきてくれました。少し話をして、あまりにも素敵なことを言っていたので書き留めておこうと思います。

Nさんのご実家は農家。ご両親が若いときの長男だそうで、私と変わらないお歳の親御さん。跡継ぎをなんとかしなければ!と差し迫った状況になくむしろ、帰ってこなくていい、農業は大変だから継がなくていい、と言われていたそうです。でもNさんは、いいよ継ぐよ!ということで決まった話だったそう。そんなNさんの目指すところは、「農業ってカッコイイ!!」と思われるようなやり方、そして農業人口が増えるような影響を与えたいと話しました。
東京の服飾専門学校を出て、先日までずっとアパレル業界に身を置いていたNさん。質の良いおしゃれも評判だったNさんだけに、人が憧れるような農家に絶対なれると思いました。
文字通りずっと畑違いで働いてきたので、一年間はお父様にずっとついて農業について勉強をすること、ご実家の周辺は農家が多いので新しいこともして更に発展させていくこと、そのためには休みもなく働く覚悟も持っているようでした。
と、こんな素敵なことを熱くなることなく淡々と、当然のことのように話してくれたNさんです。

マスコミは悲観的なことばかりをニュースにしないで、こういう人のことも沢山取り上げて社会全体でこれからの日本を支える人たちを応援すればいいのに。

春陽のもとで

今日、長男が中学校を巣立ちました。

入学した時は私とほとんど変わらない身長(150?)だったのに、たった3年間で20?も伸びて見上げるようになりました。果たして身長と共に中身も成長したのかどうか…

長男の学年は学力優秀な生徒がそろっていて、配られた卒業後進路を見ると学力ではハイレベルの高校がずらり。中でも都立高校では最高ランクの日比谷高校へ進学する人が5?もいて、上二人の娘の時と比べても格段の割合です。推薦で日比谷高校に受かりながら辞退して、別の高校に進学した生徒もいたそう。住んでいる街の学区の公立中学校だけれど、区内でも学力レベルの高い中学校ならではでしょうか。でもみんなそれぞれ頑張った成果です。
息子はといえば、日ごろから各教科でレポートなどの提出物を怠けていたため内申点が低くてそもそも上位ランクの高校の受験ができませんでした。それでも一応中堅といわれる高校に4月から通うことになり、ひとまずホッとしてはいるのですが…

姉からもらった都立高校の過去問題集を見て、これはイケる!と、受験生という危機感ゼロ、遊んで暮らした日々の息子でした。たしかに都立高校の試験問題は授業に出席していれば簡単に解けるものだとは聞いていますが、高校受験というひとつの節目を全く努力もしないでこんな簡単にパスしてしまっていいものか。この先がと~っても不安です。
ともあれ、進学先が決まったのは学校や成績優秀な学年のムードのおかげ。本当にありがたいことです。

長男は生活力は旺盛だと思います。
いつかの夏、地元の盆踊り大会があった日のこと。月々のお小遣いをほとんど使い果たしてしまった息子に、盆踊りの縁日に行くのにお小遣いをせがまれました。本当はあげたいけれど、4人それぞれにそれをされては堪らないのでそういう特別には応じないことにしています。仕方なく無一文で縁日に出かけた息子、帰ってくるとお腹いっぱいで食べ物は何も見たくないと。おまけにカキ氷シロップのおみやげまで持ち帰ってきました。話を聞くと、何軒か縁日のお店のお手伝いをしてそのバイト代として飲み食いさせてくれたこと、シロップも最終日だからと下さったものでした。この街はもうずいぶん前から縁日にテキヤさんを入れないで、地元商店街や学区のPTAが縁日を出しています。みなさん息子を小さい頃から知っていてくださる方ばかりという中でのことでした。口先だけではなくキチンと役に立つようなお手伝いはできるヤツなので、こういう処世術とともに高い学力をつける努力をすればいいのに、と勿体無いという思いでいます。




卒業式の帰りに通ったお宅では、きれいなもくれんが満開でした。エレガントな佇まいのお家に素敵に合っていて毎年ここのお宅を通るとワクワクします。今日は、息子も彼なりに大きく素敵に開花することをもくれんに願いつつ眺めていました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。