FC2ブログ

薔薇色の人生

ボタニカルアートのルドゥーテの展覧会のチケットをいただいたので、昨日娘と一緒に見に行ってきました。
会場のデパートにはローズガーデン(前に記事にしたところ)があって、今ごろ綺麗に咲いている薔薇も見る予定でいたのに、朝からのんびり(グズグズとも言う)していたら出かけるのが遅くなってしまいました。あまり夕方になると屋上は寒いでしょうから、先にローズガーデンを見ることにしました。
大学で園芸の授業をとっているのでガーデンのスタイルを説明してくれたり、今まであまりお花に興味のなかった娘ですが、今年は一緒に綺麗な薔薇を楽しめました。
200905031531001.jpg
200905031529000.jpg200905031530000.jpg

まだ咲きはじめで少し静かなローズガーデンでしたが、ただただ綺麗に咲く薔薇たちにとても癒されました。こんな綺麗な本物の薔薇を見た後で絵(銅版画)の薔薇は興ざめかなと思いつつ、館内の展覧会場に向かいました。

200905031536000.jpg
チケットをいただいて初めて知った画家。ピエール・ジョセフ・ルドゥーテ(1759~1840年)フランス革命の動乱期に王妃マリー・アントワネットや、ナポレオン妃に仕えた宮廷画家。
会場に入る前の思いは全く打ち消され、ルドゥーテの描く綺麗な薔薇にうっとり!!緻密に描きながらも、お花の美しさを代弁するかのような作品の数々でした。今ではあまり見ることのできない種類のオールドローズを描いたものもあったそう。薔薇にまったく詳しくないので、残念ながらどれが希少な薔薇なのかはわかりませんでしたが。
200905032105001.jpg
何枚か買ったポストカード。これは「セロリの葉の薔薇」ですって。こんな葉っぱの薔薇は見たことがない!今でもあるのでしょうか。
葉っぱの形状も珍しいけれど、このお花の咲き方がかわいくて特にじっくり見た一枚です。
会場では4箇所、ドュフューザーで薔薇の香りの演出もしていました。薔薇の香りにも何種類かあって、それぞれうんなるほどこの香り知っている!と思う香り。毎日あのいい匂いに包まれたら幸せだろうなぁ~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
綺麗~♪\(^O^)/
薔薇の香りに包まれると幸福を感じますね。
薔薇って棘があるから育てるのも難しい感じがして敬遠してたんだけど、最近欲しくてたまらないん。v-10

下のは絵だったんですね。
凄い!!写真かと思った。。。
セロリの葉っぱが気になります。(笑)
なんてったって食いしん坊ですから・・・(^^;)


2009/05/05(Tue) 00:48 | URL  | 理子 #-[ 編集]
薔薇は格別!
>>理子さん
薔薇は女性の美しさに作用するお花…よね?
そんな成分がどうこうの理屈抜きで、あの姿と香りに幸福な気分になりますねv-10
母も薔薇が大好きでお庭に何株かあったのを覚えています。
アブラ虫やウドンコ病の心配をしていたけれど、
結構な丈になっていたものもあったからそれほど難しくもないのかな~って思ったり。
理子さんの花壇に薔薇が仲間入りの画像…楽しみ~v-398

この人の絵(版画)はヒトの手によるものと思えないほど緻密でびっくりした!
棘がない種類、棘が長いもの、びっしり棘のあるものなど棘だけを見ても
薔薇の種類の多さにもびっくりしたよ。
セロリの葉っぱはまずこの名前に惹かれたやっぱり食いしん坊な私です。ナマカナマカ!!
2009/05/06(Wed) 19:38 | URL  | モ♪モ♪ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。