FC2ブログ

ぞうさん

少し前のことになりますが、お正月にNHK特集で詩人のまどみちおさんが出演していました。去年100歳を迎え、お誕生日をやはりご高齢の奥様や子供達がお祝いしている映像を見ました。
まどさんと言えば、幼稚園で毎月頒布された絵本「ひかりのくに」にまどさんの詩が多く載っていました。(或はあまり載っていなかったけれど、幼心に印象深かった)
幼いときから読んでいたので、いまだ御存命でいらっしゃる事に驚き、感激しました。

名前を聞いて「?」と思う方も多いでしょうか、童謡「ぞうさん」「やぎさん郵便」「不思議なポケット」などの作詞をした詩人です。どの歌も誰もが一度は歌ったことがあると思われる、日本人にとってもっともポピュラーな童謡ですね。
でもその「ぞうさん」にはまどさんのちょっと悲しい生い立ちが込められていることを知りました。
まどさんが子供のとき、ご両親が仕事の都合で兄と妹を連れて台湾に渡り、まどさんは五年間お祖父さんに育てられました。仕方のない事情があったのでしょうけれど、子供時代に家族、特にお母さんと離れて暮らす悲しさはいかばかりだったことか。きっとお母さんが恋しい五年間だったのでしょうね。
ぞうさんの詩は、ぞうは鼻が長くて他に類を見ないとても奇妙な動物。そんなぞうに「お鼻が長い」と言うことはバカにしているようでもある。でも子ぞうはそう言われたら、大好きなお母さんもぼくと同じでお鼻が長いよ、お母さんと同じだよ、嬉しいな、お母さん大好き!という歌なのだそう。(まどさん談)
明るくて動物園で象を見るのが楽しみになるこの歌をあらためて口ずさんでみたら、胸がしめつけられるような思いでした。

詩を書かずにいられないという根っからの詩人のまどさんの新たな興味は、絵を描くこと。テンプレート定規を使って毎日描くのだそう。豊かな色彩感覚の絵は、とても100歳のおじいさんが描いたと思えないもので驚きをもって見ました。そして更に驚いたのが、まどさんの絵を描くスタンス。「僕は毎日絵を描いていて一番怖いのがマンネリなんだ。前にも似たような絵を描いたのではないかといつも恐れている。いつも新しいものを描いていきたいね。」
さすがに車椅子生活で身体的には老いていても、その創造力に満ち満ちた精神!日々の生活に追われている自分に叱咤されたような、そしてハッとさせられた番組でした。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
童謡って
あの短い歌詞にはいろんな思いが込められていて、特に家族や故郷への愛がいっぱい詰まっていると聞きました。
童謡は情操教育には必要で、3歳までに童謡を聴かされて育った子どもは歌詞の意味がわからなくても情のある優しい子に育つのだとか。
それで、ハーモニカを吹きながら童謡を広げてる方がいて、「発展途上国ではみんなで民謡を歌って歓迎してくれる。だから情が深い。日本の教育はこんな大切なものを無くそうとしている」と言われてました。

ぞうさんもやぎさん郵便も不思議なポケットも好きでしたね~
今でも歌えます。
100歳で絵や詩を書いてるなんて素敵です。
私も絵を習い始めましたが・・・・どうもセンスがないみたいで・・・v-393
2010/02/07(Sun) 18:40 | URL  | 理子 #-[ 編集]
心の奥底に
>>理子さん
まどさんの子供時代の境遇は、子供心に理解はできても様々な思いをしたでしょう。
それを「不幸」としないで、(広い意味で)他者への愛や優しさに繋げていった心の強さに感動しました。
童謡はじめ、心を育てる大切で素晴らしいものを無くそうとする動きを止めたいですね。
次は孫に歌ってあげる日を… いつになることか

最近やぎさん郵便をラップ風にアレンジした歌があるみたいで、娘が歌っていました。
(You tubeで見られるみたい)
それだけ愛されている歌なんだという思いもあったけれど、
元の暢気で優しい雰囲気がなくなっている曲調に「う~ん」というのが正直な感想。

本文にもかいたけれど、まどさんはテンプレート定規で描いているのでデッサン云々より
形の組み合わせや色使いがもの言う絵。
何よりまどさん自身が描くことを楽しんでいるようでした。
絵を描くって心から楽しむということがイチバンだと思います
2010/02/09(Tue) 20:52 | URL  | モ♪モ♪ちゃん #-[ 編集]
泣けました
感動的な話・・・
何気なく口ずさんでいる身近な童謡だけど、そんな背景があったんですね…
まどみちおさん、ご存命であられることは知っておりましたが、100歳とは驚きです!
これからもお元気で、私たちの心に染み入るような詩を書いていただきたいです
2010/02/10(Wed) 01:02 | URL  | 急行アルプス11号 #7rCFtE8k[ 編集]
こちらから、お久しぶりです~☆
ぞうさんの曲って。。。そうだったんですね!幼少期の5年間。。。お母様を恋しく思う気持ちは5年どころか何倍にも感じられた事でしょうね。胸が一杯になってしまいました。
不思議なポケットもまどさん作だったのですね~!もしかして一番かもしれない位大好きな曲でした。

モ♪モ♪ちゃん、先日は本当にありがとうございました☆そうそう!「ブログ友達」の事をブロ友」なんて書いてしまい、”??”だったのではないでしょうか~?ゴメンナサイ!
2010/02/16(Tue) 00:11 | URL  | Tomomi #-[ 編集]
すべてが師
>>NKさん
辛い子供時代の心の思いを、多くの人の幸せのための表現に繋げていく…
「人の幸せのため」と意図したかどうかはわからないけれど、
まどさん作詞の歌を殆どの日本人が子供時代に楽しく幸せな思いで口ずさんだ事でしょう。
ご高齢でも全く衰えない瑞々しい感性の持ち主。
ホント、これからもお元気で良い詩を書いていただきたいですね。
2010/02/19(Fri) 15:38 | URL  | モ♪モ♪ちゃん #-[ 編集]
お久しぶり~!
>>Tomomiさん
そうそう、男の子(男性)だし、自分の子供に置き換えて考えて涙ぐんでしまったり…i-230
まどさんの詩は子供の心を知り尽くしていますよね。
不思議なポケットもやぎさん郵便も永遠に続く、繰り返されると思われるような内容。
子供って永遠に続くが大好きですものね。
テレビで見たまどさんは穏やかで声や話し方もとても優しい方でした。

ブロ友、大丈夫!意味は通じていましたよ~v-411v-221
2010/02/19(Fri) 15:56 | URL  | モ♪モ♪ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。